用途 ムダ毛処理

用途に応じたムダ毛処理

いつもは、シェービングをしているのですが、
今回、旅行に行くということもあって、初めて除毛剤を購入して試してみました。

 

きめの細かいクリームをムダ毛を処理する部分に塗り、数分おいてから、
かみそりのついていない先端がゴムでできた器具でそれをこそぎとるという方法でした。

 

初心者用に、少し刺激の弱いタイプのものを購入しましたが、
思った以上ににおいがきつく、たとえるなら、
自宅を髪の毛を染める時に使用するヘアカラーのあの独特なにおいににていました。

 

数分経ってから、クリームをそぎ落とす時間になり、シェーバーでクリームを取り除いていました。

 

次第に、肌がかゆくなってきて、何度も何度もシェーバーで掻くという行動にでてしまいました。

 

ムダ毛は、するっとまとめて取れるのかと思っていましたが、
かゆくなって何度もこそぎ取っている間に、ムダ毛が、半分とけたという感じで処理できていました。

 

ムダ毛が溶けていく過程で肌がかゆく感じていたのかもしれませんが、私には不快に感じました。

 

でも、その後の肌はいつもかみそりで処理していた時に比べて、すべすべになっていました。

 

また、かみそりのときは次の日には、多少ムダ毛がもう生えていたように感じたのですが
、除毛剤を使用したときは、すべすべ肌の状態が、1週間は続いたように思います。

 

どの方法もメリット、デメリットはありますが、用途に応じて使用したいと思いました。


このページの先頭へ戻る